介護老人保健施設について

介護老人保健施設は老健とも呼ばれています。
老健は、介護を必要とする高齢者の自立を目指すような目標がある施設です。
そのために、医師、看護師などによる医学的管理を行い、その他ケアスタッフによるリハベりテーションや食事、入浴などさまざまなサービスを行います。
ただ、だれでも入ることができるわけではなく、要介護と呼ばれる介護保険の認定が必要となります。
もちろん、病状が安定していて入院の必要のないかたになります。
介護・看護職員の配置は、他の特別養護老人ホームなどと3:1ですが、リハベリテーションの専門職であるOT(作業療法士)、PT(理学療法士)またはST(言語療法士)を必須にしているのは老健施設のみです。