介護老人保健施設について

介護老人保健施設と特別養護老人ホームは全く異なった施設です。
特別養護老人ホームとは「生活の場」であって、一生生活していく施設です。
亡くなるまで生活する場所なので、なかなか空き室がなく入所が困難なのが現状です。
一方、介護老人保健施設は「自宅への復帰」をテーマにしている施設です。
医師が常駐し、理学療法士や作業療法士などとリハビリテーションをしながら自宅で生活できるレベルまで回復できるように支援します。
食事・排泄・着脱といった日常生活動作やレクリエーションをして身体の機能回復を目指します。
入所期間は原則3ヶ月ですが、介護状態が回復しない方や特別養護老人ホームへの入所待ちの場合は長期にわたり入所するケースがあります。